岡山大学工学部機械工学科 機械設計学研究室では,常に重要な機械の基盤要素である歯車や軸受などの伝動機械要素を対象として,これらのトライボロジー,特に表面損傷・強さ,動的性能に関し,基礎および応用研究を行っています.最近では,複合表面処理や新材料をこれらに適用し,トライボ性能向上や性能評価法の確立を目指して研究しています.
◆共同研究先
  企 業: 鉄鋼業,重工業,自動車関連,造船業,石油精製,表面処理等のメーカ
  研究機関: 東北大学 祖山研究室
1. DLC膜の損傷メカニズム解析
Analysis of Failure Mechanism of DLC Films
2. 摺動材料の摩擦・摩耗特性に及ぼす表面改質の影響
Influence of Surface Modification on Friction and Wear Characteristics of Sliding Material
3. ピーニングにより形成された表面のトポグラフィ解析
Topographic Analysis of Peened Surface
4. 摩擦力低減による鋼ローラの面圧強さ向上
Improvement of Surface Durability by Decrease in Friction Force
5. 鋼ローラの面圧強さに及ぼす接触面温度の影響(トラクション油を用いた検討)
Influence of Surface Temperature on Rolling Contact Fatigue of Steel Roller (Investigation with Traction Oil)
6. 転がり疲れ強さに及ぼす接触状態の影響
Influence of Contact Condition on Rolling Fatigue Strength
7. 転がり疲れ強さに及ぼす潤滑油粘度特性の影響
Influence of Lubricating Oil Viscosity Characteristics on Rolling Fatigue Strength
8. 粘弾性材料の摩擦力の評価に関する研究
Evaluation of Friction Force of Viscoelastic Material
9. 耐熱合金に施した固体潤滑剤の高温摩擦・摩耗
Friction and Wear of Solid Lubricant Coating on Heat Resisting Alloy
10. 面圧強さに優れた歯車用材料の開発に関する研究
Development of Gear Material with High Surface Durability
11. 浸炭硬化歯車のピッチング強さに及ぼすハードコーティングの影響
Influence of Hard Coatings on Pitting Strength of Case-Hardened Steel Gear
12. キャビテーションピーニングによる鋼ローラの面圧強さ向上
Increase in Surface Durability of Steel Roller by Cavitation Peening
13. キャビテーションピーニングによる鋼歯車の疲れ強さ向上
Increase in Fatigue Strength of Steel Gear by Cavitation Peening
14. ダブルショットピーニングを施した浸炭硬化ローラの面圧強さ
Surface Durability of Double Shot-Peened Case-Hardened Steel Roller
15. ピーニングを施した鋼材の転がり疲れ寿命の統計解析
Statistical Analysis of Rolling Contact Fatigue Life of Peened Steel
16. ソレノイドのブレークスルーを目指したリニアアクチュエータの開発
Development of Linear Actuator Aimed at Technical Breakthrough of Solenoid