本文へスキップ

機械設計学研究室

研究室史history

 研究室の発展と現状
      [岡山大学工学部四十年史(平成12年12月20日 発行)より抜粋]
 機械設計学研究室
 昭和47年4月に旧機械工学科 第5講座として設置され,昭和54年4月に応用機械工学科所属が前身で,藤田公明教授が昭和61年3月定年退官まで同講座を担当し,次いで同年10月に吉田 彰助教授が教授に昇任して担当,昭和62年4月の改組により同研究室は生産工学講座所属となり今日に至っている.
 旧機械工学科時代からの小幡文雄助手は昭和62年9月に水産大学校 助教授に転出し,昭和63年1月に藤井正浩,同年4月に大上祐司が助手として採用された.
 藤井助手は平成2年6月に講師,平成10年4月に助教授に昇任し,大上助手は平成11年4月に香川大学 助教授に転出すると同時に,關 正憲が助手に採用された.
 教育面では,学部で機構学,機械設計学,信頼性設計学,基本機械製図,CAD基礎など,大学院博士前期課程で機械設計学特論,トライボ設計学,同後期過程で機械要素設計論,表面工学特論を担当している.
 研究面では,伝動要素および伝動装置の表面強さ・性能向上とその評価および設計法に関し,基礎的・応用的研究を行っている.
 最近では,種々の表面改質伝動要素の面圧強さを実験的に明らかにするとともに,接触応力・熱応力解析および焼結材については気孔分布解析,FEMによる気孔周りの応力解析,破壊力学解析より寿命予測および面圧強さ設計法を明らかにしている.
 また,各種環境下におけるトライボロジー特性を解明するため,高真空歯車試験機および2円筒試験機を開発するとともに,真空,高温,無潤滑,油潤滑下でこれらの特性を実験的に明らかにし,ミクロ分析,表面テクスチャー解析,3次元BEMによる接触応力解析などにより摩擦・摩耗機構,面圧強さ向上機構を明らかにしている.
 さらに,歯車装置の動的性能評価に関し,歯元ひずみ,振動・騒音のランダムデータをウェーブレット変換解析することにより,損傷診断システムを開発している.
 現在の研究室スタッフは,吉田 彰教授,藤井正浩助教授,關 正憲助手,萩原和彦技官(山崎眞男技官は平成9年3月定年退官)であるが,非常勤研究員,大学院博士前期・後期過程学生,学部生などが互いに協力して研究を推進し,研究成果は国内での学会はもとより,各国での国際会議で発表されている.
 また,文部省,日本学術振興会,中国政府などの支援により,中国,ロシア,ハンガリーから外国人研究員,研究留学生などとして研究室に受け入れた.